「月刊ソトコト10月号」表紙&特集に掲載されました!

9/5(火)発売の地域づくり情報誌「月刊ソトコト10月号」で、私たちこゆ財団が宮崎でソーシャルビジネスに取り組むチャレンジャーの皆さんとともに掲載されました!!

こゆ財団のアグリテック拠点「アグリテックラボ」@新富町で撮影していただいた画像は、何と表紙になりました!

この表紙には土屋 良文町長、クラウドファンディングのチャレンジャー小牟田 明歌音さん、猪俣 太一くん、伊藤英治くんら、児湯シータートル大学の受講生たちが集結! 「楊貴妃ライチ」を作り続ける農家・森哲也さんも駆けつけてくださいました。参加できなかった受講生の一人、パン職人の押川 裕一郎くんは、新富町の小麦を使った力作のパンが代わりに登場しています。

また、紙面ではこゆ財団のほか、前述のクラウドファンディング挑戦組、美郷町渡川地区で林業を営みながら「山と都市とをつなげたい」と宮崎市内にコワーキングスペース&カフェ「若草HUTTE」をオープンさせた、山師ブラザーズの今西 正くん&今西 猛くんが登場!

さらには、いつも財団メンバーや児湯シータートル大学受講生がお世話になっているクラウドファンディング「FAAVO」の齋藤 隆太さん、人材育成事業を営むインタークロスの小川 智矢さん、宮崎ベースキャンプの飛び出す公務員池袋 耕人さん、綾町の風景を100年先まで守り継ぐために活動している地域商社「梶山商店」の梶山 剛さん、東京でブレイク中の柑橘・へべすを作っている日向市の農家黒木 洋人くん、3年連続日本一のお茶を生み出している新緑園の羽澤純吾さんなどなど、宮崎のチャレンジャーがたくさん紹介されています!

もちろん宮崎が誇るイノベーションの新拠点・MUKASA-HUBも村岡 浩司さんの熱いメッセージとともに取り上げられています。

私たちこゆ財団の代表理事、齋藤潤一は各チャレンジャーたちへのコメントに加え、1ページのインタビューでも取り上げていただきました。

指出編集長、本当にありがとうございます!!!

全国の他の地域のソーシャルビジネスも一気に掴める永久保存版な1冊!

ぜひお読みください。