1粒50g以上の超大玉のみを厳選! 貴重な国産ライチのブランド『楊貴妃ライチ』の販売を開始しました

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(以下、こゆ財団)は、新富町で生産されている国産ライチを「楊貴妃ライチ」としてオリジナルブランド化。ネットショップでの販売を開始しました!

楊貴妃ライチ ショッピングサイト

※卸については下記までお問い合わせください。
[問]こゆ財団 info@koyu.miyazaki.jp


■国産ライチは超貴重品!
新富町で生産されている国産ライチは、市場に流通しているライチの99%が海外産の冷凍品という中にあって、大変貴重なもの。約10年前から「ポスト・マンゴー」のフルーツとして研究が続けられて今に至っており、大粒ではちきれんばかりの果肉と高い糖度が特徴です。

■1粒50g以上の超大玉のみを厳選!
ブランド化にあたり、こゆ財団はライチ農家さんと果実を吟味。日当たりのいい木からでも1本からわずか1割しか収穫できない、1粒50g以上の超大玉だけを『楊貴妃のライチ』として卸販売することとしました。

■世界三大美女になぞらえたブランド名
『楊貴妃ライチ』のブランド名は、世界三大美女の一人とされる中国の楊貴妃が大のライチ好きで、嶺南から長安の都まで早馬で運ばせるほどだったというエピソードから名づけました。

ライチには妊娠中の女性に欠かせない栄養素・葉酸が豊富なほか、ポリフェノールなども含まれています。ライチはすこやかさやうつくしさを追い求める女性の味方であることも、このブランドの背景となっています。

5月23日、東京・SENQ京橋で開催した「食と農の地域ビジネス講座」では参加者に国産ライチの試食を提供。大粒の果実とほとばしる果汁に驚きの声が。


5月31日に宮崎市内で開催した「完熟ライチ解禁記念パーティー」も大盛況でした! 

 

国産ライチは生で味わえる期間が5月下旬から7月初旬までと大変短い貴重なフルーツです。この機会に、国産ライチをぜひご堪能ください。