新富町の魅力は商工会青年部!地域の企業を支える若手黒子:佐藤友哉さん

地域おこし協力隊の制度を利用し、10年100社1000人の雇用を目指す宮崎県新富町の地域商社「こゆ財団」。

新富町は、「世界一チャレンジしやすいまち」を目指す財団メンバーがチャレンジを止めないということはもちろん、移住者を含めた地元住民もチャレンジを繰り返すことで全国から注目される町の1つとなっている。

新富町商工会で、経営指導員として事業承継や経営改善のサポートを行い、中でも商工会青年部と深く関わっている佐藤友哉さん。
地元で働く企業の経営をサポートしていく中で感じる新富町の特徴や今後の展望について伺った。

震災を機に地域を支える仕事を

—そもそも何故、商工会で働こうと思ったのですか?

佐藤:本当は、教員になろうと思って東京にある大学の物理系学科に行っていたのです。
この仕事を目指すきっかけになったのは東日本大震災。

父が宮崎市役所に勤めていて、復興支援委員ととして被災地に行っていたので、私も大学の時に連休を利用し、10日ほどボランティアに行っていました。

その時に触れた“人の本気”に「これってすごいな」って率直に思ったんです。
そこから、自分の地元に貢献できる仕事がしたいと思うようになり、公務員関係の仕事を探して商工会を知りました。

業務内容を調べてみると、経営指導員として地元の企業に関われるということを知り「これだ!」と思い、この仕事がしたいという一心でエントリーして今に至ります。

地域の企業を支えるための関わり方

—佐藤さんが感じる新富町民の特徴はありますか?

佐藤:新富町が最初の勤務地なので他の地域と比べることはできませんが、一度打ち解けると本当に人間味があって温かいと思います。

私自身が宮崎市に住んでいて地元の人間ではないため、入社した当初は、少なからず距離感を感じていました。
だから、距離を縮めるために気になる方を見つけると飲みに誘って個別で話を伺うということを続けてみました。

その時に、地元のことや仕事の悩み、やりたいことを教えてもらえて、すごく勉強になったのと同時に、皆さんに可愛がってもらえるようになり、今ではすごく居心地の良い場所になっています。

—商工会青年部との関わりを通して感じる新富町の特徴はなんですか?

佐藤:どこの地域でも同じかと思うのですが、恥ずかしがり屋が多いという印象があります。
個人で話すと色々な意見が出てくるのですが、全体の会議などになると全然意見が出なかったりする場合が多いですね。

またIT導入に対して消極的という点もあります。

ホームページやFacebookの導入をしないといけないと思っていても、今更新しいことを勉強したくないという想いもあるのかと思います。

そのような時に、私がサポートに入って経営改善の役に立てると良いかと思っていますし、必要な場合は、専門家を招いて指導していただくことも可能ですので、どんどん相談してもらいたいですね。

「新富町=商工会青年部」と言える町づくり

—ずばり。新富町の魅力はなんだと思いますか?

佐藤:やっぱり青年部ですかね(笑)

1番の魅力というより、一番になって欲しいと想いがあって。

「新富町の青年部って色々やってて面白いよね」

と言われるような組織になるために、私自身も努力していきたいです。
若い方の中にもエネルギーの溢れる人もいて、その人が会議に加わることで、会議そのものの質も上がったと感じています。

そのような人たちが増えていくことで、私にできることももっと増えると思いますし、新富町といえば青年部と言ってもらえるということが実現できると思っています。

だから、そんな想いも込めて新富町の魅力は青年部!

地元企業をサポートする地域の商工会。

その中に、本気で地域を盛り上げたい、地域の力になりたいと思うスタッフが宮崎県新富町にいる。

商工会を通じて繋がるコミュニティーがあり、地域の中から地域を盛り上げる活動が広がっていくことで、地域がもっと面白く、誇れるまちになる。

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー