「空き家再生会議」が宮崎日日新聞に掲載されました

新富町内の空き家を舞台に、東京の企業と新富町地域おこし協力隊、宮崎大学の大学生たちがチームとなって再生案を企画発表するプログラム「リノベーションスクール」。2月20日に開催したその最終発表会の模様が、2月28日付の宮崎日日新聞に掲載されました。

舞台となった古民家はこれから実際に再生計画がスタートし、宿泊施設や地域の交流拠点になる予定です。

         
チャレンジしたい地域おこし協力隊を募集
地域おこし協力隊の採用情報