求人・採用ーブランディングデザイナー

持続可能な地域をつくるブランディングデザイナー

プロジェクト概要


地方創生の取り組みの中で、全国にはさまざまなローカルブランドが誕生しました。しかし表面的なビジュアルデザインが多く、地域の持つ本質的な価値や地域「らしさ」をブランドとしたデザインはわずかしかありません。一過性の特産品やイベントが量産されることは、地域のブランド価値を下げることにつながります。地方創生の現場ではこうした負の連鎖が頻出しています。

宮崎県新富町では、新田原古墳群が2018年5月に日本遺産に登録されました。また東京ドーム約460個分の農地がある農業に関しては、1粒1000円の国産ライチが登場するなど、町らしさをデザインしたブランドの確立に向けた取り組みが始まっています。

新富町には2017年に7名の起業家が移住しましたが、デザイナーは不在です。こゆ財団が町役場との協力関係のもとで事業を行なっているため、デザイナーの仕事は、町のブランディングにも直結します。

ブランディングに強いデザイナーのニーズは日増しに高まっています。持続可能な地域づくりを実現するために、本質的で持続可能なローカルブランドを一緒にデザインしていける、意欲的な人財を求めています。

求める人財

・地域づくりにおけるデザインの可能性を信じている人
・表面的なデザインや一過性のイベントに疑問を感じている人
・地域の本質的な価値を磨きたいと考えている人

目指す未来

・本質的な価値が磨かれたローカルブランドの創出
・地域のブランド価値向上による外貨の獲得拡大


パートナー

高橋邦男(こゆ財団事務局長)
宮崎市出身。編集者。徳島大学卒業後、徳島県と大阪府で20年にわたりさまざまなメディアの企画編集に携わる。2014年に帰郷後、行政広報誌やローカルメディアの企画編集を手がけ、2017年より現職。メディア事業運営や財団と地域との接点づくりなどに注力している。

         
地域の未来をつくる起業家10名10事業を募集
求人一覧・エントリー