特産品開発:国産生ライチのブランド化

特産品開発:1粒1000円の国産生ライチのブランド化

■強い地域経済をつくる特産品開発を推進
■1粒1000円の国産生ライチとしてブランド化
■新規就農の促進とアグリベンチャーの誘致

担い手不足を解決する稼ぐ農業

宮崎県新富町は、東京ドーム約460個分に相当する農地があり、ピーマンやトマト、キュウリといった施設栽培の野菜や、果樹、畜産など多くの作物が栽培されています。

その一方で、農家の高齢化や後継者不足、人手不足など課題を多く抱えています。また、多くの農家さんが10年後も農業を続けていけるのかということに不安を抱いています。

私たちは、新しい技術やビジネスの仕組みを取り入れながら、地域の農家さんと協力して商品の付加価値を高め、持続可能な「稼ぐ農業」の研究と実現を目指しています。

特産品開発で強い地域経済をつくる

「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンを実現するために、私たちは「強い地域経済をつくる」というミッションを掲げています。それを遂行するため、特産品で稼いで、教育に再投資する地域商社を目指しています。

地域の特産品の付加価値を高め、生産者の所得向上と地域経済の活性化を実現するとともに、私たちはそこで得た利益を地域の根幹である教育に再投資します。それにより、新たに挑戦したい人たちが続々と集まり・生まれる「チャレンジ・フィールド」を地域と一緒につくります。

1粒1000円の国産生ライチをブランディング

国内にわずか1%しか流通していない貴重な国産ライチの生産に10年以上取り組んできた宮崎県新富町の生産者(森哲也さん)が、地域商社「こゆ財団」と共同でブランディングを行いました。

ブランド化にあたっては、従来は規定のなかった、糖度とサイズの規定を設け、ストーリーを重視したデザインでブランド価値を確立。東京を中心に販路が広がっただけでなく、多くの人がライチをきっかけに新富町を訪れるなど、関係人口の増加にも貢献しました。

「新富ライチ」ブランドサイト

新規就農の促進とアグリベンチャーの誘致

宮崎県新富町には、ライト農家の森さん以外にも、新しいことにチャレンジする若手農家がいます。

20年以上も独自にアグリテックを研究して収量アップを実現するピーマン農家さん、耕作放棄地で希少キュウリの栽培に挑戦する農家さん、そして、農業経験ゼロから「新規就農×起業」を実現した移住者などが、新たなチャレンジをし続ける地域です。

私たちは、持続可能な「稼ぐ農業」をテーマに、新規就農の促進やアグリベンチャーの誘致を目指しています。将来的には、上場できる規模のアグリビジネス事業の創出も視野に入れ、地域の未来に対する投資を続けていきます。

プロジェクト メンバー

黒木さゆみ(こゆ財団 商品開発チーム)
宮崎県新富町生まれの野菜ソムリエ。地域の農家さんや新富町のために、こゆ財団で、季節に応じて楽しめる加工品をつくり続けている。1年を通して農家さんに収入が生まれる仕組みをつくり、そして、単に所得の向上を目指すのでなく、生産物の魅力を商品を通じて伝えることを大切にしている。
インタビュー記事 *外部リンク

代表的なメディア掲載・プレスリリース実績

月刊ソトコト「表紙・特集ページ」


事業構想「地域特集 宮崎県」


Forbes JAPAN「地域を救う人、事業」九州版に掲載


日本農業新聞


Sweets Media


マイナビ農業


毎日新聞経済プレミア


読売新聞


朝日新聞


西日本新聞


宮崎日日新聞


【TV】NHK イブニング宮崎


【TV】FBS 金曜トレビアン


【TV】NHK うまいっ!

         
地域の未来をつくる起業家10名10事業を募集
求人一覧・エントリー