求人・採用ースマート農業コーディネーター

「稼げる農業」を実現するスマート農業コーディネーター

プロジェクト概要

こゆ財団は、スマート農業に取り組む若手農家をサポートしています。農業ベンチャーや、高等専門学校がチームに加わって共同研究を行っており、研究成果を農家同士で共有して収量向上の実現に取り組んでいます。

ここではいま、現場の課題を吸い上げてさまざまな技術シーズとマッチングできる人財を求めています。各自がそれぞれの分野で力を発揮できるようチーム作りにつとめながら、必要に応じて新たな知見や、パートナーをコーディネート。中間支援組織であるこゆ財団と連携し、チーム作りを含めて協働していきたいと考えています。

人手不足や後継者不足といった課題を解決するものとして注目を集めているのが、テクノロジーを活用した新しい農業のかたち、スマート農業です。スマート農業の普及により、農作業の省力、軽労化、栽培技術の継承が進み、人口減少社会の中でも生産性の向上や市場規模の拡大が見込めます。世界を見ても、気候変動に対応するために農業の世界ではさまざまな技術的改善が求められており、新富町での取り組みは今後の事業の拡大につながるものといえます。

求める人財

・AI、IoT、RTなど先端技術関連分野の経験者

目指す未来

・スマート農業で「稼ぐ農家」の増加
・スマート農業の先進地としてのブランドの確立


パートナー

高橋邦男(こゆ財団事務局長)
宮崎市出身。編集者。徳島大学卒業後、徳島県と大阪府で20年にわたりさまざまなメディアの企画編集に携わる。2014年に帰郷後、行政広報誌やローカルメディアの企画編集を手がけ、2017年より現職。メディア事業運営や財団と地域との接点づくりなどに注力している。

         
地域の未来をつくる起業家10名10事業を募集
求人一覧・エントリー