求人・採用ーイベントプロデューサー

地域経済を強くする「稼げるイベント」プロデューサー

プロジェクト概要

全国で、ほぼ毎日のようにさまざまなイベントが開催されています。ところが、資金は補助金頼みで、補助金が終了した時点でイベントも終了となるケースが頻出しています。これらは開催の目的や成果があいまいで、「お金があるから続けている」というのが実情で、貴重な税金が消費されるだけになっています。

一方で、地域経済に大きく貢献できるイベントの運営も可能です。例えば、宮崎県新富町では毎月第三日曜に「こゆ朝市」を開催しており、平日はほとんど人通りのない商店街に500人を集めることに(補助金に頼らずに)成功しました。ここでは町内の特産品が販売されているほか、試作品のテストマーケティングなども行われています。

「こゆ朝市」は富田地区での開催ですが、新富町内には他にも農業の盛んな新田(にゅうた)地区、近隣に茶畑や古墳群が点在する上新田(かみにゅうた)地区などがあります。こゆ財団ではこうした地区でも地域資源を活用した新しい経済活動を創出できる「稼げるイベント」のプロデューサーを求めています。

求める人財

・イベントプロデューサー
※イベントの企画運営・統括経験のある方は優遇します。

目指す未来

・地域経済に貢献できるイベントの継続開催
・イベントを通じた町内全域での関係人口創出


パートナー

鈴木伸吾(こゆ財団 イベント担当)
宮崎県新富町出身。高校卒業後に地元を離れ、トラック運転手として務めて、全国各地を走り回る。各地で色んなイベントを見て、観光の仕事に興味が高まり、帰省して観光協会に就職。ふるさと納税やイベントの企画・運営に携わり、2017年4月に観光協会から「こゆ財団」へ移籍。

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー