空き家の利活用:一棟貸切宿「茶心」

インバウンド誘客:空き家の利活用

■地域の空き家をリノベーションしてインバウンド誘客
■地域に根差したお茶文化を体感できる空間に
■瞑想・マインドフルネスに最適な環境を提供

地元の名士が残した宿を一等貸切宿に

一棟貸切宿「茶心」(ちゃしん)は、新富町の丘陵地隊・一丁田(いっちょうだ)地区にある古民家をリノベーションした、一等貸切宿です。

周辺ではお茶の生産が盛んで、全国茶品評会で3年連続日本一に輝いた実績を持つ茶園「新緑園」がすぐ近くにあるほか、

茶畑が随所に広がるなど、まさにお茶を身近に感じるロケーションに位置しています。

「お茶の心を体感する」をコンセプトに

「茶心」はそうした背景から、日本人が培ってきた日本ならではの「わびさび」「禅」といった価値観を体感できる宿として、2019年5月に一等貸切宿としてオープンしました。

23畳の和室は瞑想に最適な空間となっており、お客様は静かな時間の流れの中で自分自身と向き合うことができます。

クラウドファンディングにもチャレンジ。地域の中と外をつなぐ新しい接点へ

宮崎県の茶生産量は全国上位で、なかでも新富町はその中心地の一つです。しかしながらその生産量は減少傾向にあり、今後の存続が危惧されています。

「茶心」はそうした中にあって、約190平米の静寂という異空間で、お茶と瞑想・禅でマインドフルネスを体験・実践し、新たな価値観に触れられるところが最大の特徴です。

2019年夏には二度のクラウドファンディングに挑戦し、全国のお客様から多くの支援をいただきました。

日常のストレスから解放され、そんな「旅」の価値を体験する機会が増えることで、より多くの人が、自分らしく生きる・働くことを実現するお手伝いができればと思います。

         
100人100社の起業支援あなたのチャレンジを応援します。
今すぐチャレンジ