こゆ財団とは

特産品で稼いで、教育に再投資する地域商社

私たちは、特産品で稼いで、教育に再投資する地域商社です。

起業家育成プログラムを経て、商店主や農家などの人財が地域の資源から特産品を生み出し、開発した特産品は都市部を中心に販売。他にはない価値を感じていただくことで対価を得て、それが教育に再投資される循環をつくります。

起業家育成は、町役場や各機関もバックアップ。創業支援や町との関係づくりを後押しします。

ビジョン:世界一チャレンジしやすいまち

2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が旧観光協会を法人化して設立した地域商社。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、行政では成し得なかったスピードで1粒1000円のライチを代表する『特産品販売』と新富ローカルベンチャースクールという『起業家育成塾』を行いながら地域経済の創出に取り組んでいます。

私達がかかげる世界一チャレンジしやすい町とは、チャレンジしたい人がいれば「失敗したらどうするんだ?」ではなく「応援するよ」と言い合える文化がある町

ミッション:強い地域経済をつくる


私たちは、特産品の販売で得た利益を、起業家育成に投資します。10年で100社・1000人の雇用を生み出し、強い地域経済をつくることによって、将来にわたって持続可能な地域社会を実現します。

SDGs11:住み続けられるまちづくりを

「持続可能な開発目標(SDGs)」Unicefサイトから画像引用


SDGs(エスディージーズ)とは、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)です。SDGsのそれぞれの目標は密接に関連しており、経済、社会、環境の3つの側面のバランスのとれた、持続可能な開発をめざしています。
私達、こゆ財団も「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと「強い地域経済をつくる」使命を実行し、住み続けられるまちづくりを実現します。

行動指針

こゆ財団の行動指針は、慶應義塾大学大学院SDMの前野隆司教授の「幸福の4因子」にもとづいて設定しております。幸福の4因子とは、

やってみよう
なんとかなる
あなたらしく
ありがとう

で、仕事へのチャレンジ、個性の尊重、感謝の気持ちを忘れずに業務に取り組むことを重視しております。また前野教授にも、「しあわせまちづくり」として、新富町及び新富町役場でご講演ご助言いただいております。

参考リンク:7割が起業してみたい! 地方起業で成功したいなら、ワクワクの源泉を探せ-前野隆司x地方創生(外部リンクにとびます)

企業概要

■社名 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(略称:こゆ財団)
■所在 〒889-1402 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1 チャレンジフィールド
■電話 0983-32-1082(代表)
■設立 2017年4月
■代表理事 齋藤潤一
■執行理事 岡本啓二
■事務局長 高橋邦男
■従業員数 16名(パート・アルバイト含む)
■業種 地域商社
■事業内容 特産品販売・起業家育成
PR TIMESプレスリリース一覧(外部リンクに飛びます)

チャレンジフィールドーオフィス兼コワーキングスペース


〒889-1402 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1
こゆ財団メンバーや地域おこし協力隊などが働くワーキングスペース。建物の上の「新富町の看板がサインです」

交通・アクセス

飛行機をご利用の場合

・東京→宮崎 90分
・大阪→宮崎 60分
・福岡→宮崎 40分
※宮崎空港からはJRが利用できます(宮崎空港駅→日向新富駅 30分)

車をご利用の場合

・福岡→新富町 4時間
・熊本→新富町 3時間
・鹿児島→新富町 2時間20分
※東九州自動車道 西都ICをご利用ください(西都IC→新富町役場 20分)

設立背景・名前の由来


【動画】こゆ財団 設立の背景〜執行理事 岡本啓二(新富町役場から出向中)インタビュー(2017)

なぜこゆ財団が設立されたのか、どんな思いでチャレンジするのかなど、設立理由やその背景については、こちらの動画をご覧ください。

こゆ財団は、地域の人口減少を食い止め、行政ではできなかったスピードで地域経済を活性化するために、宮崎県新富町が旧観光協会を法人化する形で、2017年4月に設立されました。

新富町のみならず、児湯郡(こゆぐん)全体の将来を持続可能にしたいという思いから、町名ではなく郡名である「こゆ」の名を冠しています。

         
地域の未来をつくる起業家10名10事業を募集
求人一覧・エントリー