こゆ財団とは

稼いで、町に再投資する地域商社

地域商社

2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が旧観光協会を法人化して設立した地域商社。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、行政では成し得なかったスピードで『特産品販売』と『起業家育成』を行いながら地域経済の創出に取り組んでいます。

主に、1粒1000円の国産ライチのブランディングや、起業家育成塾「児湯シータートル大学」「地域を編集する学校」などを実施しています。

ビジョン:世界一チャレンジしやすいまち

新富町には、移住者や起業家が増えています。

私たちは、世界中から新富町にチャレンジャーたちが集まる、「世界一チャレンジしやすいまち」になることを目指しています。「世界一チャレンジしやすいまち」は、地域資源を活かした、小さくても美しい持続可能なビジネスの集合体です。

チャレンジしたい人を応援する文化がある町です。

ミッション:強い地域経済をつくる


私たちは、特産品の販売で得た利益を、起業家育成に投資します。10年で100社・1000人の雇用を生み出し、強い地域経済をつくることによって、将来にわたって持続可能な地域社会を実現します。

行動指針

◉高速PDCA
◉顧客視点
◉まずやってみる

設立背景・名前の由来


【動画】こゆ財団 設立の背景〜執行理事 岡本啓二(新富町役場から出向中)インタビュー(2017)

なぜこゆ財団が設立されたのか、どんな思いでチャレンジするのかなど、設立理由やその背景については、こちらの動画をご覧ください。

こゆ財団は、地域の人口減少を食い止め、行政ではできなかったスピードで地域経済を活性化するために、宮崎県新富町が旧観光協会を法人化する形で、2017年4月に設立されました。

新富町のみならず、児湯郡(こゆぐん)全体の将来を持続可能にしたいという思いから、町名ではなく郡名である「こゆ」の名を冠しています。

企業概要

■社名 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(略称:こゆ財団)
■所在 〒889-1402 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1 チャレンジフィールド
■電話 0983-32-1082(代表)
■設立 2017年4月
■代表 齋藤潤一
■従業員数 12名
■業種 地域商社
■事業内容 特産品販売・起業家育成
PR TIMESプレスリリース一覧(外部リンクに飛びます)

チャレンジフィールドーオフィス兼コワーキングスペース


〒889-1402 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1
こゆ財団メンバーや地域おこし協力隊などが働くワーキングスペース。建物の上の「新富町の看板がサインです」

こゆアイスクリーム


〒889-1411 宮崎県児湯郡新富町富田2丁目20
ベンアンドジェリーなどのアイスクリームを販売するお店です(現在は、土日のみ営業)

交通・アクセス

飛行機をご利用の場合

・東京→宮崎 90分
・大阪→宮崎 60分
・福岡→宮崎 40分
※宮崎空港からはJRが利用できます(宮崎空港駅→日向新富駅 30分)

車をご利用の場合

・福岡→新富町 4時間
・熊本→新富町 3時間
・鹿児島→新富町 2時間20分
※東九州自動車道 西都ICをご利用ください(西都IC→新富町役場 20分)

         
地域の未来をつくる起業家10名10事業を募集
求人採用の詳細はこちら