慶應大学大学院生が新富町で町民の皆さんと意見交換を行いました

6月22日(土)、慶應大学大学院に通う学生と、新富町役場や町内の事業所などから集まった町民の皆さんとが一堂に会する意見交換会を開催しました。

これは、こゆ財団がプロポーザ(課題提供団体)として参加している、慶應大学大学院システム・デザインマネジメント研究科(SDM)の「デザインプロジェクト」に関するイベントです。新富町での課題探求を選択した12名が新富町を訪れ、町の課題リサーチや町民の皆さんとのコミュニケーションをはかる一環で企画・実施しました。

この日は学生と町民合わせて40名ほどの方が集まってくださり、学生のプレゼンテーションを聞いたり、グループで意見交換を行うなどしました。学生はこのあとも探求を進め、8月10日・11日に慶應大学日吉キャンパスで最終発表会を開催します。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー