新富町で「青少年の声を聴く集い」が開催されました

8月7日(水)、新富町文化会館で「青少年の声を聴く集い」が開催されました。

これは新富町の小・中学生が将来の夢や町への思いを発表する会で、毎年開催されているものです。ことしは各小中学校から1組ずつ、6組が登壇して発表を行いました。

富田中学校の子どもたちは、こゆ財団が主催している「こゆ朝市」に出店した話を披露し、出店や運営を通じて町への愛情が高まったと話をしてくれました。後半のパネルディスカッションでは地域おこし協力隊の橋本健太くん、井上洋菜さんがパネリストとして参加しました。

関係者の皆様、ありがとうございました!

※宮崎日日新聞にも掲載していただきました。

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー