高校生が旅して学ぶ「イノ旅」最終発表会で「ウナギの未来をつくるアイデア」連発!

8月22日(木)、新富町総合交流センターきらりで、地域の高校生にイノベーション教育の機会を提供しているi.club、ANA(全日空)、こゆ財団による実践型教育プログラム「イノ旅」の最終発表会が開催されました。

これは2019年4月に初めて新富町を舞台に実施して以来、二回目となるプログラム。前回はお茶、今回は鰻をテーマに、首都圏から宮崎に旅してきた高校生たちが「未来をつくるアイデア」の創出に取り組みました。「白焼きのおいしさを知ってもらおう!」というものや、「生産者の魂(熱意)を伝えたい!」といった高校生の熱い発表に、協力いただいた新富町の中村養鰻・中村さんもうれしそうに表情を見せていました。

この日の模様は地元テレビ局「MRTニュースNext」にて放送されました。続編に期待です!

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー