一棟貸切宿「茶心」クラウドファンディングをスタートしました

新富町の一丁田地区にある一棟貸切宿「茶心」が、新型コロナウイルス 感染症拡大の影響を受けて宿泊客の受け入れができなくなっていることを受け、こゆ財団はクラウドファンディングを起案。ポータルサイト「CAMPFIRE」でプロジェクトをスタートしました。

期間は30日間で、目標金額は200万円です。プロジェクトでは執行理事の高橋が日々の情報発信を行うほか、鈴木と岡田の観光チームがこれまでに開発してきた新富町の観光体験プログラムも宿泊と合わせてリターンに用意。コロナ禍の今だからこそ、新富町を知り、今後訪れるきっかけを作っていただきたいとの思いで挑戦しています。

どうか応援をよろしくお願いいたします。

●CAMPFIRE「コロナの影響で売上ゼロに陥った一棟貸切宿「茶心」存続に、お力添えをお願いします」

         
100人100社の起業支援あなたのチャレンジを応援します。
今すぐチャレンジ