「みんなが楽しく集まる鹿皮製品の工房を作りたい」− 新たなクラウドファンディングがスタート!

西米良村という県内で最も少ない人口約1000人の村で、ジビエの加工に携わっている地域おこし協力隊の小牟田明歌音さん。起業家育成塾「児湯シータートル大学」の受講生でもある彼女が、新たにクラウドファンディングをスタートさせました!

小牟田さんには、「大好きな西米良村の山が直面している獣害や後継者不足などの問題をなんとかしたい!」という熱い思いがあります。その思いを実現するために、駆除されて捨てられてしまう鹿の皮などの自然素材を活用して商品を開発し、ビジネスの力で解決をはかろうと考えたそうです。

「考えれば考えるほど頭悩ませられ、やめようとも考えたけれども、でもやっぱりずっと脳裏にあるのは今の緑あふれる環境や人との繋がりを子どもたちに残したいということ。夢物語かもしれないけれど、宮崎ならそれができる。いろんな人といろんな夢を語り合い、人と人とがつながる場所を作りたいと思っているんです」(小牟田さん)

そんな小牟田さんの想いを一緒にかなえてみたいと思いませんか?

みなさんのご支援をお待ちしています!!!ゴールは8/31!!!

詳しくはこちらご覧ください。

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー