一棟貸切宿「茶心」が朝日新聞に掲載されました

2019年5月1日にオープンした一棟貸切宿「茶心」(ちゃしん)についての記事が、6月7日付の朝日新聞に掲載されました。

「茶心」は築約60年の一軒家を改装した民泊で、お茶の心を体験できる宿となっています。23畳の和室やキッチン付きのリビング、大きな窓ガラスのあるウッドデッキなどを備えています。滞在の際には町内3か所の茶園のお茶を全国から集めた茶器で楽しむこともできます。

詳しくは以下のウェブサイトに記載していますのでご覧ください。

●一棟貸切宿 茶心

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー