8月18日・宮崎県新富町でソトコト編集長・指出氏によるライティング講座を開催!30名限定・無料「気持ちが伝わる文章の書き方講座」

気持ちが伝わる文章の書き方講座

2018年8月18日(土) 13:30-17:00 宮崎・新富町「チャレンジフィールド(宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1)」にて、月刊『ソトコト』編集長 指出氏による文章講座を開催します。

月刊『ソトコト』指出編集長による文章講座

あの人の文章は読みやすい。こういう文章が書けるようになりたいなぁ。文章を書く上で読んでもらうことはとても大切。「リード文」をご存知でしょうか。リード文とは本文の前に添えられる短い文章で、読者に本文を読みやすくするために必要なものです。

地域を紡いでいる雑誌「ソトコト」。社会に良いインパクトを与えている全国各地の取組を毎月発行して、読者ひとりひとりの生活のヒントになる情報がたくさんあります。出てくる地域は私たちの知らない地域ばかり。その読者の初めてを、リード文は本文をわかりやすく面白く読めてしまうものに変えてくれます。そのリード文のノウハウやポイント、心構えを受講生と一緒に学びましょう。

講座後に「地域を編集する学校」成果発表

全国から新富町に集まった地域ライターの卵達。日常にある野菜や食品などをテーマに取材・編集。物事の切り口を変えることで新たな価値を創造する編集力を学んだ上で、実際に取材して記事にしました。地域を編集する能力を向上することで、日常の価値を発見できる受講生の発表を見て感じてください。

講師

月刊『ソトコト』編集長
指出一正(さしでかずまさ)

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」メイン講師、長野県長野市WEBメディア『ナガラボ』編集長、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」メイン講師をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。

イベント概要

■日 時:8月18日(土) 13:30~17:00
■場 所:こゆ財団オフィス チャレンジフィールド
     児湯郡新富町富田東2-1-1
■参加費:無料
■定 員:30名(先着順)
*申込期限8月16日(木)

【その他の注意】
*ネットワーキングや営業を目的にした参加はお断りしております。
*当日は取材・撮影が入る可能性がございますので予めご了承ください。

         
地域の未来をつくる起業家100名100事業を募集
求人一覧・エントリー